立山化成株式会社 立山化成の強み

立山化成の強み
company strength

私ども立山化成株式会社は1953年メチルエフェドリンの生産からスタートしました。

現在ではc-GMPに裏打ちされた、徹底した品質管理と品質保証体制のもと、医薬品原薬(API)、医薬中間体、電子材料等の有機化合物を幅広く製造しております。

品質管理と品質保証に対する国際的な要請がますます高まる中、一層広く世界に向け、お客様にとって真に価値ある製品を提供して参ります。

また、地球環境を守るため、効率的な生産技術と適切な公害処理施設の充実を図り、安全衛生・環境保全への配慮をしております。

私たちは常に品質、レスポンス、環境を考え、高付加価値製品の開発を最大の課題として更なる発展を目指して参ります。

立山化成の強み

コア技術

  • 受託製造

    医薬・中間体化合物、
    工業用原料の製造および
    受託の製造

    立山化成の充実した研究・生産体制と立山化成商事株式会社の原料調達ネットワークのもと、取引先様からの要求に100%応える製品を製造しています。高度な技術と品質管理体制は、国内外から高い評価を得ています。

  • 電子材料

    電子材料・ 機能性材料の製造

    立山化成では医薬品c-GMPで構築した品質管理体制を水平展開し、医薬品と同等の管理体制で太陽電池(PV)・液晶・レジスト・EL・電子材料用の原料を生産しています。また、残留メタルの低減が必要な素材の受託製造も行っています。

  • 原料

    健康食品・化粧品原料

    生活習慣病対策など、健康食品マーケットは拡大の一途をたどっています。立山化成では、これまで培った低分子合成技術と医薬品と同等の品質管理で、高品質の健康食品化粧品の素材を提供いたします。

立山化成の中心技術

  • シアノ化・
    シアノヒドリン化反応
  • 活性メチレンを
    用いる各種反応
  • 接触還元反応
  • ヘテロ還化合物の
    合成
  • 酸化反応
  • フリーデル
    クラフツ反応
  • グリニャール反応
  • ハロゲン化
  • 低温反応(-90℃)
  • 酵素反応
  • 官能基保護
  • ハロゲン化

pagetop